ふとんちゃん

意表をつかれる展開の妙。
ドキドキした後のなごみ感。

空から、すとんと落ちてきたふとんちゃん。
「どうしたの」「どうしたの」と、つぎつぎに変化していきます。

ふとんちゃんから赤ずきんちゃんへ。
赤ずきんちゃんから団子へ。
団子からリンゴへ。
リンゴからゴリラへ。

意表をつかれる展開の妙。
ドキドキした後のなごみ感。
どちらもたっぷり味わえる。
「この面白さは、はじめてだ」
そんな声が聞こえてきそうなユーモア絵本です。

きむらよしおさんからのメッセージ

とんで とんで ふとんちゃん
どこからきたのか ふとんちゃん
しょうたいふめいの ふとんちゃん
ぱぱっと へんしん
ダンス ダンス ダンス
どんどん へんしん
ダンス ダンス ダンス
きょうも よのため ひとのため
とことん へんしん ダンスして
つかれて やすんで ねむります

きむらよしお・作
初版 2012年7月
32頁 257×210mm
ISBN978-4-87110-076-2
定価 1,200円+税

購入する