だるまなんだ

だれにも言ってはいけない爆笑のラスト。

だるまさんが ならんだ    
だるまさんが ころんだ
だるまさんが にらんだ  
だるまさんが きけんだ      
だるまさんが しずんだ
え~っ!!しずんだ!
どうなる、どうなる、だるまさん。

このバカバカしさ、「お見事!」というほかありません。
だれにも言ってはいけない爆笑のラスト。
だるまを愛するすべての人、必見の絵本!

おおなり修司さんからのメッセージ

この『だるまなんだ』が、僕のデビュー作になったんだ!
なぜ、だるまだったのか?
…それは、僕にもわからないんだ。
ただ、このバカバカしくも、どこか憎めないだるま達を好きになってもらえたら、
僕は、なんだか幸せなんだ!

丸山誠司さんからのメッセージ

だるまをいっぱい描きました。
絵だけ担当した初めての絵本は、なんだか予想以上にウキウキでした。
だるまだらけで、すっかりめでたい気分です。


左)丸山誠司さん、右)おおなり修司さん

おおなり修司・文
丸山誠司・絵
初版 2013年12月
24頁 188×251mm
ISBN978-4-87110-092-2
定価 1,300円+税

購入する

だるまなんだ2
おおなり修司・文/丸山誠司・絵 だるま界をゆるがす続編が誕生。