人間の子供にたいして「ああすればこうなる」と考えるのはやめよう。ある一定の刺激を与えれば所期の目的を達することができる。こ..." /> 子供を本好きにするには、どうすればいいですか vol.1 - 新着情報 | 絵本館

子供を本好きにするには、どうすればいいですか vol.1

girl2.gif人間の子供にたいして「ああすればこうなる」と考えるのはやめよう。ある一定の刺激を与えれば所期の目的を達することができる。この考えは人間にたいする考えではない。子供はモルモットではないのだ。このような考えを子供に応用してはいけません。
本好きの大人でも何のきっかけで本好きになったのか自分の過去のあらましを細大もらさずおぼえていないのだから正確に言えば自分のこともわからないのが現実です。同じような環境に育った兄弟でも本好きになったりならなかったり。人間のことはよくわからないのです。にもかかわらず「良い絵本を読んであげれば子供は本好きになる」という大人がいる。そんなことをいう大人が幼少のころ良い絵本などというものが存在したのか。なかったのに平気でいう。その人は「ぼくは大人になってもさほど本好きにはならなかった。そうならないためにはお子さんに良い絵本を読んであげましょう」とでもいいたいのか。

だいたい真から本好きな人がこんなお節介なせりふを言うわけがない。
そのうえ今までいろいろみてきたかぎりをいえば「よい絵本をせっせと読んであげても子供が本好きになるとはいいきれない」。商売上でいえばすこし切ない気もするがそういうしかない。

kyoyo.gif子供は絵本を読んでくれている母や父を独り占めというか、その大人が自分のためだけに顔を向いてくれていることに安心と満足を得ているのだとおもう。子供にとって絵本の内容など二の次ではないのか。親を占有できる時間が長ければながいほどうれしい。だから文章の多い絵本のほうがお気に入りということもあるでしょう。
子供が絵本の内容を自分なりに気にするためには読んでもらう絵本を自分で選ぶことです。
今夜読んでもらう絵本を本棚から自分で選ぶ。
これが本と接する基本的な姿勢だとわたしは確信しています。

オンラインショップ

新着情報

おすすめ

エコぶくろマニュアルダウンロード
絵本館BLOG
twitter ツイッター
facebook フェイスブック
CBLの会

好評連載

編集長の直球コラム
きいてきいてコラム
ユーモアえほんコーナー実施店
書店員さんの声
愛読者カード