すいかのたび

すいかのたび

188.gifなんともきもちのよい絵本が、
また誕生しました。



高畠純・作
初版 2011年6月
24頁 175×235mm
ISBN978-4-87110-188-2

定価 1,200円+税

すいかがゆらゆらと旅をしていました。

188w1.gif

ラッコはまくらにして ちょっとおひるね、

188w2.gif

タコはペタリと抱きつき ひとやすみ。
では、アザラシはどうしたでしょう?

すいかは、
ただゆらゆらしているだけ。

ぷかぷかいい気分。
ゆらゆらいい感じ。
すいかといっしょにたびをしたくなる。
そんな味わいがある絵本です。



高畠純さんにおたずねいたします
すいかにまつわる思い出などありましたら、おしえてください。
小学校1年生の夏休み、海で遊んだあと、農家の縁側で食べたスイカ。
それは黄色のスイカだった。黄色のスイカを初めて知った。
それにしても...、三角に切ったスイカのてっぺんはやっぱりオイシイ。

『すいかのたび』に登場する動物の中で、自分にいちばん似ていると思うのは?
アザラシかなあ。タコじゃないだろう。
気分はラッコ。

この本を購入する