ひつじのよる

ひつじのよる

ひつじのよるヤナキヒロシ・作
1050円(税込)
2005年10月発売

デビュー作「雲のまにまに」で多くの読者を魅了した
ヤナキヒロシさんの第2作!

しずかな夜のふしぎな出来事。
ちょっとレトロな雰囲気の装丁で、とってもおしゃれ。



ヤナキヒロシ・作
初版 2005年10月
32頁 176×127mm
ISBN978-4-87110-148-6

定価 1,000円+税

なかなかねむれない男の子がひつじをかぞえます。 ところが、ひつじがたくさん出てきてしまって大騒ぎ。 そこで雲をかぞえると... こまった! 雨がふってきちゃった。

と、今度はひつじがかぞえはじめます。
でも、そんなものをかぞえたら大変!
あらら、どうなるどうなる?


ヤナキヒロシさんからメーッセージ

「学校の卒業制作で作ったのが『雲のまにまに』でした。
趣味はサッカー。
20歳ぐらいから友達のチームでフットサルをしてます。
人からは"動きが独特ですよねぇ"とよく言われる。
素人の動きなのだ。

今回の絵本はそのチームのキャプテンの息子、近頃人見知りの3歳児にぜひ気に入ってもらいたいと思っている私です。
もっか電車を溺愛の彼の気を引こうと、こっそり電車の絵も入れてあったりしますが、さていかに。」


この本を購入する