パパとぼく

パパとぼく

パパとぼくおまたせいたしました!こんな父と子の関係、いいなぁとにっこりしたくなる絵本が生まれました!

作者はイラストレーターとしてさまざまなジャンルで活躍中のあおきひろえさん。
今回は、文・絵ともに手がける初めての絵本です。



あおきひろえ・作
初版 2004年6月
32頁 224×210mm
ISBN978-4-87110-143-1

定価 1,200円+税

この絵本に描かれているのは、父と息子の「いい関係」。
ウィリアム・サローヤンの「パパ・ユーアー クレイジー」に触発されたあおきさんが彼女ならではの「父と息子」の世界を描きだしました。

なによりも注目していただきたいのは、あおきさんの絵のセンス。
そして、ゆったりとした時間の中で淡々と流れるユーモア。
読む物のこころにしみじみと伝わってきます。

143s.gif

»» きいてきいてコラム「Vol.13 あおき ひろえ」


この本を購入する