クイクイちゃん

クイクイちゃん

何度も手にとりたくなるハイカラなユーモア絵本!



牧野夏子・文
佐々木マキ・絵
初版 2012年6月
32頁 257×189mm
ISBN978-4-87110-075-5

定価 1,200円+税

クイクイちゃんは、毛糸と布でできているお人形。
おなかをおすと「クイクイ」と音がなります。

クイクイちゃん見開き1

海辺で会ったタコといっしょにデパートに出かけたクイクイちゃん。
買い物をしているタコをまっていると、とつぜん誰かにつかまれてしまいます。
さあ、たいへん。
クイクイちゃんはどうなるでしょう。

クイクイちゃん見開き2

どこかなつかしい。とても愛らしい。
おっとりとしてとぼけた、そしてハイカラでユーモラスな絵本です。
ぜひおすすめの一冊です。

この本を購入する

牧野夏子さんからのメッセージ
 あるとき、いつものように、とりとめもないことを考えていて、なぜかふと「蛸が、全部の足に靴下をはいたら、カラフルで楽しいだろうなあ」「あ、でも、靴下は二本で一足だから、実際にはくのは四足か」「蛸が自転車に乗ったらおもしろいなあ」「そのときは、8本の足をどうやって使うのかしら」と、蛸にとりつかれてしまいました。それで、自転車に乗った蛸が、デパートに行って靴下を買うお話を書いてみました。蛸と出会って買い物に付き合うのは、語り手の「ぼく」でした。本当は蛸に負けない個性的な主人公がほしかったのですが、思いつかなかったのです。で、書いたものの、お話はもう一つ何か足りない感じで、そのままほうっておかれました。  何年かたって、クイクイちゃんというお人形を主人公に、お話をつくることになりました。 いろいろ考えて、いくつか書いてみたのですが、どうもなかなか、クイクイちゃんにふさわしい、ゆかいなお話ができませんでした。困った私は、一生けんめいクイクイちゃんのつもりになって、一体どんなことが起こるだろうと想像してみました。  すると、突然「ちりん、ちりん」とベルを鳴らして、自転車に乗った蛸がやってきたのです。「この光景は、見おぼえがある......!」あの話の主人公は、クイクイちゃんだったのか!  主人公を探していたお話と、お話を探していた主人公が、やっと出会って、こんな絵本になりました。


佐々木マキさんからのメッセージ

 人形とタコと百貨店。まるで三題噺ですが、そのうえタコが自転車に乗る、靴下をはく。なんだこれは。
 自分で話を考えるときは、まず人形とタコは思いついても、自転車とか百貨店とか靴下は、やめておく。絵を描くときの難渋が前もって判るから、尻込みしてしまう。
 むかし『おばけリンゴ』の作者ヤノーシュへのインタビューを何かで読んだが、お話を思いついても、この部分は絵に描くのは厄介だなと思ったら、絵にしやすいように話を変えてしまう、と語っていた。やはり、そうか。
 しかし私はお話を変えるわけにはいかない。自分の考えた話ではないからだ。果敢にトライするほかない。
その結果、タコが自転車に乗っているところも、布の人形の表情も、ハイカラ懐かしの百貨店も、なんとかうまくいって、まあ易きに就かずによかったのでは、と満足しています。


手作りのクイクイちゃん

絵本館スタッフ手作りのクイクイちゃん!