おばさんのごちそう

おばさんのごちそう

おばさんのごちそう五味太郎さんが「文化を描いてみたい」ということで生まれたのがこの作品。
まあ、とにかく一度ご覧下さい。
何しろこの中に登場する「おばさん」の気持ち良さといったら、天下一品!言葉などではあらわせない位です。
「おいしい料理はひとをしあわせにする」ということが描かれており、これこそ絵本ならではの表現!と、実感できる楽しい絵本です。いいなあ、こんなおばさん。

この絵本は、おばさん、男の子、女の子のせりふの色がそれぞれの服の色とシンクロしています。
家族みんなで配役を決めて読み合うと、とても楽しいですよ。



五味太郎・作
初版 1979年4月
32頁 249×207mm
ISBN978-4-87110-032-8

定価 1,200円+税
この本を購入する