なんとなく

なんとなく

017.gifなんとなく気分がよくなる
絵本になりました。



五味太郎・作
初版 2011年8月
32頁 240×220mm
ISBN978-4-87110-017-5

定価 1,200円+税

いきなり登場、パン屋さん。
インタビューのひと、デパート帰りのひと、恋人たち、
おまわりさん、たぶん強盗のひと、文豪のひと...。

014w1.gif

なんとなく、なんとなく...と、
どんどん話がつながっていきます。
ところが、このなんとなくが
たいへんなくせもの。
なんとなく、なのに
なんで?!と
聞きたくなることばかり。

014w2.gif

心がゆれる、ひきこまれる。
たのしい混乱とは、こういうこと?


五味太郎さんからのメッセージ

お婆さんがぽつりと言うのさ。
「わたし なんとなくここまで来ちゃったみたい...」
なんてさ。九十を少し超えたお婆さんがだよ。
その時ぼくは思ったの。
「なんとなく」は限りなく深い。限りなく濃い。
そして限りなく美しいってね。
そう、「なんとなく」はけっこう「なんとなく」なんだけれど、
それでいてすごく「なんとなく」なんだ。


この本を購入する